当たり前の毎日を続けていくために 

前回記事では、癌による疾病リスクが人の人生にどれくらいのインパクトで影響を及ぼすか、について書いてみました。

その後実際にご自身の体の事を少しでも考える機会をもたれたでしょうか?

忙しい毎日でついつい流されてしまいがちですが、明日、来週・・で気がつけば一年後というのはよくある話です。

検査が一年違えば普通の進行速度のがん(ダブリングタイムが平均的ながん)でもそこそこ結果に影響します。

具体的には・・胃・大腸がんですが、早期か進行がんかをわけるのは粘膜下層にとどまるか、それよりも深く広がっているか、です。


がんもジワジワ広がるわけで、ある日を境に早期がんが進行がんになってしまいます。

その早期のうちにみつけてしまえば勝てます。

体への負担も少ない治療法でかつ治る可能性も非常に高い。

そこで健診を受けることになるわけです。

医療専門サイトm3.com
→m3に登録しポイントをためることが出来ます。
  管理人は昨年ポイントだけで10数万円稼がせてもらいました。

ポイントはmedpeerでも月5000円ほど稼いでいます。
ポイント以外にバイト紹介もしています。

がんに注意していかなければならないのは医師も同じです。

むしろ忙しさにかまけやすく、またいつでも検査を受けようとすれば受けられる環境にあるからこそついつい先延ばしにしがちなので要注意かと思います。

管理人が医師になって今まででも身近に5人以上がんになった医師がいます(中には亡くなられた医師もいます。。)

この記事を目にしたのも何かの縁?だととらえて、検査を明日以降の予定に組み込んでみて下さいね。

でもどのように健診を受ければよいのか?

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

ある程度のエビデンスに加えて管理人の独断も交えてざっくりとご説明します・・。

尚、マイクロRNAを用いたがん検診はまだ実用化されていませんが参考記事はこちら

上記のような事が本当に実用化すれば色々な健診(胃カメラ、大腸カメラ他)に付随する煩わしさもないのでしょうが、それまでは旧来の健診で対応していくことになります。
がん検診

管理人が書くのはネットなどで調べると出てくることと同じでは意味はないので違うことを書いています。

・脳腫瘍、胆管がん、すい臓がん、膀胱がん、腎臓がんなどはそれを目的としたがん検診はないので各自対応する必要があります。対策はPET/CTくらいですが、膀胱を含め管腔系の臓器には弱いです。
(ただし、前回記事で述べたようになる確率の高いがんから対策を立てていきましょう)

・咽頭がんは耳鼻科で数年に一回は喉頭ファイバーで見てもらいましょう(すぐやってくれます)。

・ウイルス性肝炎の方はIFNなどで治しておきましょう(肝臓がん)。

・胃癌は胃透視がすすめられていますが、直で胃カメラでよいと思います。胃透視も集団検診で流れ作業的になされる胃透視と、各病院なり医院を受診して、個別に受ける胃透視とではどうしても検査精度に違いが出るように思います。
管理人はさらに知人医師に、早期でみつけてくれwと伝え、時間をかけてやってもらっています。毎年が無難です。

・肺がんは胸部レントゲンと痰の細胞診とありますが、痰の細胞診では進行した扁平上皮がんくらいしかみつけられません。CT検診を強くすすめます。胸部XPでは小さな肺がんを見つけるのは困難です。放射線被ばくを気にするのであれば隔年CTでも。

・大腸がんですが便潜血がよく健康診断に組み入れられていますが、進行がんしかみつかりません。早期癌で大腸がんをみつけるならやはり大腸内視鏡になるかと思います。尚、以前は検査前の下剤で2L飲まされましたが、今はその半分ですむ方法がありますので少しはましかと思いますよ。これも初回検査でどのくらいの大きさのポリープが何個くらいあったかで、次回内視鏡までの間隔が変わってきます。

・前立腺がんのPSA検査も簡単なのでやっておきましょう(50歳以上で数年に一度でもよいかと思います)。

・頻度の低い腫瘍、みつけにくいものなどは考えても無駄と割り切りましょう。

・ピロリ菌の有無は30歳代半ばまでに菌の有無を検査して、菌がいるなら必ず除菌してください。尚、除菌で胃癌発症確立は1/3に減らせますが、ゼロになるわけではないので胃検診不要にはなりません。

がんが判明した全ての人は、自分ががんになるとは考えもしなかった人たちです。

出来ることがあったのにやっていなかった、という後悔はしてもしきれません。

ご検討ください。


FC2ブログランキング


 ←参考になった

コメント

ガン情報、大変参考になりました。ありがとうごさいます。最近はブログ更新されないのでしょうか。私もバイト医師なので共感させていただく部分が多々あります。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
忙しさにかまけて更新してないのですが、ボチボチネタが出来たら更新しますのでゆるーく見守ってください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorparttimejob.blog.fc2.com/tb.php/93-185e3a32