スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるぐる病院 

こんばんは。

お盆も終わるともうすぐ夏も終わりで、仕事も普段の体制に戻る感じがしてきます。

今回は気になる医療記事ということで「ぐるぐる病院」を取り上げてみたいです。

ご存知でしたか?このぐるぐる病院。

(記事一部引用)

生活保護を受けている人が短期間で頻繁に入退院を繰り返すケースが見つかったとして調査。
3年2カ月の間に34回も転院し、2012年度だけで724万円の医療扶助費がかかった例があった。
生活保護受給者は医療費の全額が保護費から出るため、入退院しても金銭負担は生じない。
一方、病院は入院が長期化すると診療報酬が下がる仕組みで、利潤のために病院側が転院を繰り返させた可能性がある。

(引用終わり)

医療専門サイトm3.com
→m3に登録しポイントをためることが出来ます。
  管理人は昨年ポイントだけで10数万円稼がせてもらいました。

ポイントはmedpeerでも月5000円ほど稼いでいます。
ポイント以外にバイト紹介もしています。

医療費の自己負担のない生活保護受給者を診療報酬が下がらないように病院間でまわして不正に医療費受給していたのではないかと疑われているようです。。 

生活保護受給者がらみの病院の不正で大きなものとしては、奈良県の山本病院で生活保護受給者に下記の事を行い刑事告発、逮捕されています。

・必要のないに心臓カテーテル検査を頻繁に行う

・架空病名で架空の治療をしたことにし不正請求

・架空の病名で実際に不要手術をして不正請求

上記のケースは明らかな犯罪ですが、今回の記事の件はどうなんでしょうか?

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

生活保護受給者は入院を継続していると入院期間にもよりますが、食費や住居費もかからなくなるので生活保護が大幅に減額されてしまいます。

入院も数ヶ月に及べば住んでいたアパートなども退去することになります。

そうしてまで入院を継続するメリットが生活保護受給者にあったのだろうか少し疑問でした。

また施設でもひきとれない、親類知人も引き取らない・・病院でまわすしかない、という患者がいるのも事実です。

福祉と医療のはざまに.いる患者を医療側がサポートしている話なのか?それとも医療側が食い物にしているのか?

現実は両方あるんだろうと思いますが。

・・・・・・・

生活保護費の支給総額は2013年度に3.8兆円になる見込みです。

そして生活保護費の中でもっとも多いのが1兆5千億円かかる医療費(約50%)になります。

そのうち薬剤費は約2300億円(14.5%)と推計されています。

医療費自己負担無料というのは、ほんとうに気軽に病院の受診につながります。。

またドラッグストアなどで購入出来る医薬品も出来るだけ病院で処方してもらおうという意識が働きます。

そこにつけこむ病院があるのも事実ですが、受診の規律をうまく作れる仕組みがないと今後も医療費ダダ漏れは続くだろうと思います。


FC2ブログランキング


 ←参考になった

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorparttimejob.blog.fc2.com/tb.php/91-e8bbccf7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。