治験バイトとは その2 


前回は第Ⅰ相試験(フェーズワン)の治験バイトについて簡単にお話しました。

フェーズワンでもジェネリック医薬品の試験であれば既に使用されている薬と変わらないのでリスクは少ないという話でした。

ではジェネリック医薬品の場合の治験協力費は?

2泊3日の入院を2回行って7-10万円前後になります。

2回入院するのは先発品と内服する順番を変えて比較するためです。↓こんな感じ。

A群:1回目入院で先発品 → 2回目入院で後発品

B群:1回目入院で後発品 → 2回目入院で先発品

さて報酬がわかったところで・・どんな方なら治験に参加出来るのか?

日本最大級の新薬モニター情報サイト


JCVN治験ボランティア

治験の対象者で多いのは

・健康成人男性 (女性向けもありますが少ない)

・日本人 (ハーフやクォーターの方は不可)

・標準体型 ( 18 < BMI <25 くらい)

・年齢 20歳~35歳(40歳) (中には40歳以上というのもあります)

・治験開始3ヶ月前まで献血をしていない方 (採血をしますので)

などなど。

ちなみに治験てどれだけ血をとられるんだ!?と疑問の方もおられるかもしれませんが意外と少ないです。

2泊3日の入院で10回程度で1回の採血量は5-10mlなので合計で多くても100ml程度なんですね。

意外と少なくないですか?

実際にどんな検査をするのか?ですが

・問診、身長体重測定・体温・血圧・心電図・採血・尿・レントゲン・診察

などで健康診断と変わりないですね。

治験を行う施設にもよりますが、たいていは想像よりきれいな施設で漫画もありネット環境も整っています。

食事も出てもちろん入浴も可能です。

喫煙出来るかは試験によります。

治験無料登録はこちらから


短期高額アルバイトの決定版!【新薬ネット】


無料で最新喘息治療

現在求職中の方や学生さんの長期休暇中のバイトとして人気です。

時間がある方には悪くないバイト先かもしれません。


FC2ブログランキング


 ←参考になった

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorparttimejob.blog.fc2.com/tb.php/85-b47bf6aa