スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院で研究する意義は? 

こんばんは、記事もだいぶ間があいてしまいました(^^;

バイトの方は変わらず非常勤定期のみでまわしています。

それにレントゲン読影もちらほらと。

この時期は件数が少なくそれ程の実入りはありませんが、それでも毎週読影依頼があり月額にすると5-10程度にはなりますのでやるとやらないとでは違います。

消費税増税前ということで価格低減が望めず、購入確定しているそれなりの額がいくものなどを買ったりしていましたのでこういう収入も助かりますね。

それと確定申告の還付金が振り込まれていました!

e-taxだともっと早く振り込まれるようですが自分は税務申告会場へ行っての申告でしたのでこの時期になりました。

還付金額は50オーバーなのでこれまた助かります♪

・・ただ、浮かれて使ってしまうと来月から始まる様々な税金の支払い時にあわてることになります。

そう、この還付金の何割かは春先の税金関係の支出で出て行ってしまうんですよね。。。

と、長くなりましたが本題へ移ります。



最近のSTAP細胞をめぐる報道では、大学院時代の博士論文の中身まで疑義が出て若手研究者が陥りやすい?改竄の誘惑というマイナーなテーマについて語られる機会がありました。

ちなみに管理人は医学部大学院を卒業し医学博士号を取得しています。

基礎の教室で学位取得する場合は臨床を離れることもありますが、そうではなかったので臨床+バイトをやりながらでした。

大学院生生活はゆるい面もありますが、実験を計画し進めている時期などはスケジュールが定まっておりそれはそれは中々ハードな毎日もありましたね。

医療専門サイトm3.com
→m3に登録しポイントをためることが出来ます。
  管理人は昨年ポイントだけで10数万円稼がせてもらいました。

ポイントはmedpeerでも月5000円ほど稼いでいます。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。


なお、大学院へ行く目的は大きくは3つあるといわれています。

①研究の道へ(少なくともその時点では)進む意思があり、研究者の地固めやステップとして必要なため

②臨床医になるのだが、大学院で基礎臨床研究に触れることが論理的思考形成に役立ち、臨床の中で論文を読むのにも役立つため

③みんな取得するから、市中病院の部長になるのに必要だから、あっても得しないがないと「学位をとらなかった先生」としてみられるからetc

管理人の目的は②プラス③でした。

①に関してですが、研究者志向の場合はまず大学選びからなんでしょうね(高3までに選択)。

そしてバリバリ研究したいひとは学生時代から研究室に入り浸ったりして、実験の手伝いなどをしてる方もいるようです。

確かにそうすると研究者としての頭や手技も早くみについて、20代後半で大学院に入って初めて実験するという方と比べれば相当差が出ると思います。

まあ、それでも研究の芽がでるかどうかはまた別物のようにも思いますが。

研究のさかんな大学でなかったとしても大学院は門戸を広くあけているので希望の大学院にまずはいれるとは思いますが、学生時代の過ごし方などがちがってくるという意味ですね。

②ですが、こういった目的に4年間も必要なのか疑問です。

むしろ博士号をゴールにせずに1年間くらい授業や実験実技でも同程度のことが学べそうな気がしますねぇ。

ということで医学博士は大量生産されますが、その質やかけた労力に見合う社会的、個人的リターンがあるかどうかは疑問です。

なので②や③で大学院にはいったケースでの理想的なみちとしては、大学院1-2年目でほぼデータがそろい論文にまとめ終わる。

残る2年間をバイト他で有意義に過ごす、でしょうか。

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

それではまた!


FC2ブログランキング


 ←参考になった

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorparttimejob.blog.fc2.com/tb.php/71-d62087cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。