刑務所勤務の医師不足 

今年の冬は雪が少なくバイト移動が比較的スムーズに出来ていい感じです。

今回は新聞でみかけた気になる記事について。

(引用開始)

刑務所や拘置所などの医師不足対策を検討してきた法務省の有識者検討会は21日、

給与の増額や兼業規制の緩和などを盛り込んだ待遇改善案をまとめ、谷垣禎一法相に提出した。

刑務所などの医師は慢性的な不足が続き、定員の8割に満たない状態。常勤医が不在の施設も31カ所に上る。

法務省は関連法の改正などを視野に、制度見直しに取りかかる。

 刑務所や拘置所、少年院などの矯正施設で収容者を診療する医師は「矯正医官」と呼ばれる国家公務員。

法務省によると、常勤医を置くと定められている矯正施設は全国163カ所、定員は332人だが、

常勤の医官は2013年4月時点で260人と2割以上の欠員が出ている。

(引用終わり)

医療専門サイトm3.com
→m3に登録しポイントをためることが出来ます。
  管理人は昨年ポイントだけで10数万円稼がせてもらいました。

ポイントはmedpeerでも月5000円ほど稼いでいます。
ポイント以外にバイト紹介もしています。

刑務所で勤務する医師が不足しているようです。

刑務所で勤務する医師とは性格には「矯正施設の医師」ということで

全国の刑務所,少年刑務所及び拘置所,少年院並びに少年鑑別所で勤務する医師を指します。

身分は国家公務員で当直なしの週休2日勤務。

普通に医師仲介サイトなどでの募集も見かけますね。

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

不人気なのは

・待遇が良くない(給与が安い)

・キャリアアップにつながらない

などが理由のようで、対策として

・給与アップ

・他の病院との兼務を認める

などを検討しているようです。

募集サイトなどでは当直なしなので女医さんにおすすめ!なんて記載がありますが、あえてそこを選ばなくてもということですよね。。

管理人は刑務所勤務はさすがにありませんが、当直などをしていると警察署などから拘留中の被疑者などが診察を希望しているなどで診療する機会はありました。

腰縄などで身体拘束された状態で警察官がつきそって受診します。

その時警察官は患者の後方に起立して監視している状態です。

中にはきっとバイオレンスな感じの容疑で逮捕されたんだろうな~と見るからに?威圧感を感じるケースもあり緊張感が走ります。

そのような患者を診察しても危険手当などが別途つくわけではありません!

似たようなケースではその筋の患者さんの入院担当医などになることもあります。

既往歴で肝炎などを患っているケースが比較的多かった印象です。

特にトラブルなどは経験ありませんが、何となく緊張感がありますね(^^;)


FC2ブログランキング


 ←参考になった

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorparttimejob.blog.fc2.com/tb.php/64-54ac7e80