開業するということ その4 

本日のアクセスランキングの順位が 222位 と2並びで嬉しい管理人です(^^)

タイトルとは異なりますが以前書いた患者紹介ビジネスですが、さっそく国が紹介料の受け取りなどを禁止するようです。

来年度からのようですが、逆にそれまでは合法というお墨付きを与えられましたね。

短期決戦とばかりに営業をかける業者が現れたり・・はないかな。。

比較的早い対応かと思いますが、まっとうにやっている在宅医療事業者がとばっちりを受けないようにしてもらいたいものです。

医療専門サイトm3.com
→m3に登録しポイントをためることが出来ます。
  管理人は昨年ポイントだけで10数万円稼がせてもらいました。

ポイントはmedpeerでも月5000円ほど稼いでいます。
ポイント以外にバイト紹介もしています。

それでは本題にはいります!

開業するということ。

今回はスタッフについて。

前回記事でも書きましたが、管理人のクリニックは

医師一名、事務員一名

の合計2名体制でやっていました(^^)

まあ途中は事務員2名の時期や看護師を採用していた時期もあるのですが、

スタッフが多かったのは患者数が少ない立ち上げ当初で患者数が増加するのと逆にスタッフは減らしました。。

開院前には求人情報誌に広告を出して(この広告費がまた高く数万円しました)40人程度の応募がありました。

募集は受付事務員、看護師です。

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

結果数名のスタッフを採用しましたが、一年後に残っているのはゼロというよくある状況になりました。

自分の見る目がなかったんでしょうね(--;)

その後の募集はハローワークに切り替え、何人も面接しては不採用通知を送りという繰り返しです。

しばらくしてから今までで一番よい人材とめぐりあえて長く勤務してくれるようになりました(^^)

院長の仕事は労務管理が一番大変と言われますが、まさにそれを身をもって知りましたね。

で、結論が少数精鋭で事足りるという事でした。

看護師に助手的にはいってもらうような検査などもやっていなかったのも幸いしました。

診療所も小規模なので管理人(院長)の目が行き届きます。

診療所の規模や形態にもよりますが、少なくとも最初は最低限の人数で十分だろうと思います。

暇させてるスタッフに給与を支払うという状況も結構なストレスになりますので。。

それでは今回はこのへんで!


FC2ブログランキング


 ←参考になった


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorparttimejob.blog.fc2.com/tb.php/54-2b561b36