バイト・副業が職場に分からないようにする方法 その2 

前回の記事の続きです(^^)

職場で年末調整をせずに自分で確定申告し住民税の徴収を(特別徴収ではなく)普通徴収にすれば副業は職場にばれない.。

一見これで問題なさそうに思えますがどうなのでしょう。

問題なさそうな方法なのですが、そこには見落としていたことがありました。

それはいったい何なのでしょう?

medpeerでも月5000円ほどポイントを稼いでいます。

医師転職ならエムスリーキャリア

管理人も確定申告の時に普通徴収を選択したことがありました。

しかし普通徴収を選択したにも関わらず、役所から職場に

「バイト先給与と勤務先給与を合算した所得」

が報告され、そちらの職場で特別徴収してくださいという書類が来たのです!

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

実はこんな法律があるようなのです↓

地方税法321条の3の規定

給与所得の場合は、本業、副業を合算して、本業先で特別徴収により徴収するものとする」

これはつまり確定申告で普通徴収を選択したとしても、地方税法の原則に従い特別徴収されてしまう!

但し、その条文に但し書きがあって詳細は割愛しますが要は

特段の事情があり役所に普通徴収を申請し役所が認めれば、職場にバイト先給与分は知らせずにその分は普通徴収にしてあげるよ」

という抜け道もあるようです。

ですが必ずしも申請が認められるとは限りません。

役所ごとや担当者ごとに対応が分かれてしまうようで、完全な対応とまではいかないのが実情のようです。。

結論めいた事をいうと・・役所から総務に合算された所得の書類が行っても、総務が事務的に処理しその中身(金額など)に興味を持たずにスルーされれば特に問題は起こりません!

・・なんとも他人まかせ、運任せな手法なので可能であれば兼業届けを出して堂々とバイトするのが精神的にいいのかもしれませんね。


FC2ブログランキング


 ←役に立った

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorparttimejob.blog.fc2.com/tb.php/18-e082c4d0