医師のバイトとの出会いとは? 

医師は国家試験に合格し医師免許を取得してから様々な形でバイトとかかわります。

恐らくバイトを一度も経験しない医師は圧倒的に少ないのではないでしょうか?

また新臨床研修制度が始まる前までは一年目の研修医もバイトをしていました。

一年目の研修医でもバイトをする理由ですが

・バイトの需要があったから(医師数が業務に対して少ない)

・研修医の給与が生活出来ないほど低い(慶○医学部は月4万円とか・・)

など医師偏在・医師不足や研修制度の未成熟さなどが原因だったりしました。

尚、2004年4月からは2年間の初期研修が義務化され、研修期間中のバイトも禁止されました。

かわりに研修医にバイトしなくても生活の出来る給与を出すことに。

医師転職ならエムスリーキャリア

medpeerでも月5000円ほどポイントを稼いでいます。

研修医のバイトを斡旋していたのが医局という組織で、同じ診療科の医師同士の任意団体のような存在です。
(任意という意味は契約して医局に入るわけではないという意味ですが、契約もしていないのに医局をいざ辞めようとすると心理的抵抗や引き留めなど様々でてきます)

研修医は大学病院の自分の希望する医局に入局し指導医から指導を受けるですが、なんせ日雇い労働者なので給与はめちゃくちゃ安い!

そこでバイトの斡旋となるわけです。

日雇い労働者ですので、国立大学医学部所属でも身分は国家公務員ではないため兼業禁止にもあたりません。

その研修医のバイト先とは・・

いきなり救急車がバンバン来るような救命救急センターのようなところに行くわけではありません(^^;)

・医局と関連のある精神病院の当直(外来はほぼ来ない、病棟管理のみ)

・献血医

・花火大会などの待機医

・健康診断

などリスクの少ないバイト先が多かったですね(少なくとも私の属した医局では)。

そうやって経験値を少しづつあげて、研修2年目くらいからは患者がそこそこ来る当直先などにも行くようになります。

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

そんな時は先輩医師から

「何かあっても、(患者さんを)すぐに大学に送ればいいから大丈夫!」

と励まされたりしていました。

考えてみれば私の所属していた医局は民主的でいいところでしたね。

でも医局の中にはヤクザの組組織かと揶揄されるようなところもあったようです・・。

この続きは次回の記事で(^^;)



FC2ブログランキング


 ←クリックし応援して下さい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorparttimejob.blog.fc2.com/tb.php/13-3787ffd0