スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務調査にはいられました 

色々と忙しさにかまけて記事を更新せずにいましたがネタが出来たので書こうと思います(^^;)

半年振りでしょうか。

その間も同じペースでバイトをこなしていました。

半常勤をベースに

・透析(定期非常勤)
・外来(定期非常勤)
・読影(レントゲン)

でまわしています。

そこに不動産賃貸業が加わります(通帳の確認くらいですが)。

バイトも当初はスポットだけでしたが、次第に定期非常勤の割合が増え、今では定期非常勤のみになりました。

バイト探しの手間や毎月スポットバイトをうめなければというプレッシャーがなく大変心地よいです。

所得も順調に増えて、とある大台を突破しています。

そうすると大変なのが税金なのですが、ついにきました・・税務調査が。。。

medpeerで月5000円ほどポイントを稼いでいます。

医師転職ならエムスリーキャリア

税金

税務調査がある時期は決まっており、たいては10-12月です。

春に税務署の人事異動があり、申し送りなどをして夏終りまでに税務署内で調査して秋から税務調査にはいるという流れのようです。

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

・・・とある日の午後まどろんでいると管理人の携帯に見慣れない番号からの着信があり、なぜか嫌な予感がして出ると国税調査官から税務調査をしたいとの申し出が。。

任意を装いますがほぼ強制です。

その日は金曜日でしたが、週明けの月曜にさっそく面談することになりました。

税務調査の目的を結論からいいますと

・不動産投資の詳細について
 →家賃保証会社を介して所得を圧縮しているのでそのあたり

・1-2年前の製薬会社からの講演料の申告漏れ(5-10万程度)

・バイト先10数か所の内1か所申告漏れ

などがあったためでした。

この時点で管理人は税務調査に相対するにあたりあるミスを犯しています。

本来はアポイントを出来るだけ先に伸ばし税理士と相談したり、その間に対策をたてるべきでした。

先延ばしの一番の理由が、税務調査を受ける前に自主的に修正申告をすることにあります。

自主申告なら10-15%の過少申告加算税がかからずペナルティーは延滞税のみになります。

管理人は土日をフル活用して色々調べて税務調査官との夕方のアポイント直前の日中に滑り込みで「自主的に修正申告」をすませました。

電話があったのが金曜日の夕方でアポイントは半ば税務調査官主導で月曜になった経過からすると、自主申告をされる猶予をあたえずに過少申告加算税を徴収しようという意図があったのかもしれません。
(税務調査官は追徴課税をどれだけとれたかが、税務署内での出世につながります)

その後税務調査(調査官1名、合計2日間、1日あたり1時間弱)が終わりなんとか延滞税の追加支出だけで事なきを得ました。

ここで注意点ですが「自主的な修正申告」とは、税務調査を受ける前であればとにかく大丈夫という説と税務調査の電話を受けてしまった後では「自主的な申告」とは認められないとする説とがあります。

管理人は大丈夫でしたが、おそらく税務調査官が事前調査で既に悪質と判断していたり額が相当程度大きいケースでは税務調査の電話の後に自主申告しても過少申告換算税をとりにくるのではと想像しています。

税務調査は忘れたころにやってくる。



FC2ブログランキング


 ←参考になった


コメント

税務調査お疲れ様でした

いつも楽しく読ませていただいております。年末にお疲れさまでした。
僕も2015年からフリーランス医師をしており、この3月に初めての確定申告です。
いろいろ慣れないことばかりですが、ブログから勇気をいただけてます^^

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorparttimejob.blog.fc2.com/tb.php/106-fd06e2e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。