スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産管理会社との付き合い方 

だんだん秋らしくなり朝夕は肌寒くなりましたね。

台風18号が物件直撃せず一安心しているところです。

今回は不動産投資シリーズです!

前回までの記事で管理会社の一番の仕事は入居付けで、どこに管理を委託するかで入居率に大きな差が出てくると書きました。

不動産投資はリフォーム屋、買い付け仲介業者、銀行などなど様々な業種の方々とチームを組んですすめる要素があります。

そんな中でも管理会社と普段はどのようなやりとりがあるのでしょうか。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

medpeerで月5000円ほどポイントを稼いでいます。

続きを読む

スポンサーサイト

物件管理会社の重要性 その2 

こんにちは(^^)

私は物件の管理を管理会社に委託しています。

委託先は売買を仲介した売主側の仲介会社で新築時から物件を管理しているところでした。

個人営業の町の小さな不動産屋で若干の不安を感じたのですが、売買からの流れで管理も引きついでもらうことに。。

その管理会社の仕事振りなのですが・・

・毎月の家賃明細が手書き。。

・メールが出来ずやり取りは電話。。

というアナログぶりに不安を覚えずにいられません・・。

そしてその不安は退去が出てからの対応で現実のものとなりました。

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

ポイントはmedpeerでも月5000円ほど稼いでいます。

続きを読む

物件管理会社の重要性 その1 

前回までの記事で物件取得までのおおまかな流れを書いてきました。

今回は物件取得後のお話です。

融資が実行され売買契約が完了するとともに、不動産の所有権移転や抵当権の設定を行います(所有権移転登記など)。

司法書士に手数料を支払い、不動産業者へは仲介手数料を支払いと契約日には多額の金銭の移動がなされます。

また不動産取得税は物件取得後に数カ月してから郵送されてきて支払いすることになります。

晴れて大家となっておこなった管理業務はというと

・物件周りの清掃、草取り(後に外注することになりますが最初は自分でしてみたかった)

・入居者からの問い合わせ対応(管理会社経由で修繕依頼などの連絡がきます。主にメールです)

などなどになります。

室内の補修依頼は部屋数が少なければ数ヶ月に一回もしくは退去時などしか発生しませんでした。

不動産の管理の仕方は、以下の2つのタイプに分かれます。

①業務は外注し自分では極力やらない(コストはかかるが時間が作り出せる)・・・兼業大家

②自分で業務をこなし出来ない部分のみ外注(コストが削減され利回りを向上させられる)・・・自主管理大家、専業大家

どちらを選択するかは考え方次第だったり兼業なので選択の余地がなかったりと様々ですが・・。

【民間医局】の医師求人情報
→検索サイトの使い勝手が良いですね。案件数も豊富です。

医師専門の転職支援ならリクルートドクターズキャリア
→案件数豊富です。

ポイントはmedpeerでも月5000円ほど稼いでいます。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。